賃貸人と賃借人の相続の違いを紹介していきます。

賃貸人と賃借人で違う相続

よく使われる言葉として賃貸人と賃借人があります。賃貸人と賃借人と一見見た目ではあまり違いがわかりませんが、意味合いでは全く異なってくるので読み違えに注意しなければいけません。一般的に賃貸人とは部屋を貸す人のことを指します。家のトラブルを解決しておく義務があり改修、補強などのことをしていく必要のある人です。主に大家さんと呼ばれる人がこれに当たるでしょう。管理人とも言われたりします。


次に賃借人です。これは部屋を借りる人です。部屋を利用する代わりにお金を払ってそこに居場所を持たせてもらいます。家賃を払う義務があります。ちなみに賃貸人が賃借人からもらっている敷金は基本的に返すものとなっています。今では敷金はあまり返ってこないものとされています。賃貸人と賃借人では大きな違いがありますが、これは相続人にも影響していきます。当然相続人としての役割も異なってくるので、そこはしっかりと抑えておくべきところでしょう。


ここではその賃貸人の相続と賃借人の相続の違いを紹介していくとともに、その役割などを説明していきます。相続人となると少し責任なども出てくるため、ここで、知っておいて損はないでしょう。


賃貸人と賃借人で違う相続

賃貸人を相続した場合

賃貸人を相続した時にでる疑問について説明します。

賃借人を相続した場合

賃借人を相続した場合について紹介していきます。

賃貸人を相続した場合
遺産分割前の賃料は誰のもの?
遺産分割後の賃料は誰のもの?
遺産分割前の賃料は誰に払えばいい?
新賃貸人が賃借人に賃料を請求するには
賃借人への家主変更の通知も忘れずに
相続不動産の変更登記はどうしても必要?
もし賃貸借契約を解約したい場合は
賃借人を相続した場合
遺産分割前の賃料は誰が払う?
遺産分割後の賃料は誰が払う?
家主へ賃借人変更の通知は必要?
相続人ではない者が承継することもある!?
賃借権ではなく地上権を相続した場合
これまでの賃貸借契約はどうなる?
もし賃貸借契約を解約したい場合は
賃貸人と賃借人で違う相続賃貸人を相続した場合賃借人を相続した場合サイトマップ